応用理化学系専攻

応用理化学系専攻Webサイトへ

 学士課程から博士前期課程までの連続した教育体系によって、化学・生物・物理の視点から自然と調和した科学技術社会を築く人材を育てます。

応用化学コース

 化学と化学工学に関する専門知識を学部教育とあわせて一貫して修得します。反応化学、物理化学、化学工学などの基礎的科目を理解、さらに応用科目で化学関連産業や環境分野で課題の分析・解決能力を発揮するための専門的知識を身につけます。またバイオシステム、応用物理コースの科目や学外の研究者の特別講義により、広範な分野での先端的な知識を学んでいきます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

バイオシステムコース

 生化学と生物工学をベースに、専門知識と課題解決能力を修得します。生命科学、生物有機化学、環境生物工学などの基礎的科目を理解した上で応用科目も学び、バイオ関連産業や環境分野で活かされる専門知識を身につけます。さらに応用化学、応用物理コースの科目や学外研究者の特別講義によって、学際領域分野や応用理化学分野での先端的な知識も学んでいきます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

応用物理コース

 学部から一貫して学ぶ物理学の基礎の上に立ち、社会や産業界のニーズに対応して応用物理を中心とした幅広い分野を統括できる技術者を育成しています。問題の分析・解決能力を育成するために、磁性体や誘電体、超伝導体、光機能材料、生体材料などに物理学を応用、原子・分子レベルのミクロな視点から物質の構造や電気的・磁気的・熱的・光学的性質を学んでいきます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

ページトップ