建築社会基盤系専攻

建築社会基盤系専攻Webサイトへ

 快適な社会環境を築きあげる専門的知識を持ちながら、時代のニーズに応えることができる人材を育成します。

建築学コース

 使う人間を第一に考えた建築物や都市空間の計画・デザイン、安全な建築物の構造や快適な建築環境の設計および建築施工に関する高度な専門知識と最先端の技術を実践的に学んでいくコースです。
 構造、生産、環境・整備、計画・設計の主要4分野から2科目以上の履修を義務付けることで、専門分野での深い知識を修得することができます。選択科目では、さらに専門分野での応用力をつけていきます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

土木工学コース

 街路・駅・港といったターミナル空間の整備や自然災害を考慮した防災システムの構築などを通して安全な社会環境を築く土木空間の計画・設計・施工に関する高度な専門知識と最先端の技術を学びます。
 基礎科目、応用科目、実践科目を年次ごとにじっくり履修します。基礎科目と応用科目に関しては、技術士(建築部門)の分類に従って、ハード系(構造系・地盤系)かソフト系(水系・計画系)のいずれかに重点をおいて学びます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

ページトップ