機械創造工学系専攻

機械創造工学系専攻Webサイトへ

 機械と材料分野における高度専門教育を行い、科学技術的課題の発見と解決を自発的に推進できる技術者・研究者を育てます。

機械システム工学コース

 基礎と応用と実践を系統的に学べるよう設計したカリキュラムに従って、機械工学の体系的な知識を修得します。機械システム工学の各分野での先進的な知識と高度な技術を身につけた技術者・研究者を育てます。
 「基底科目群」では学士課程での力学系・制御系などの基盤知識をさらに深め、「領域科目群」では環境エネルギー技術、加工・製造技術、設計・計測・制御技術に関する高度専門知識を身につけ、「実践科目群」でこれらを有機的に結びつける教育体系です。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

材料工学コース

 コースは2つのトラックからなります。材料工学トラックでは、物質・材料の性質を統合して新しい性質を有する材料を得るために材料系基幹科目を、ナノ・ミクロ領域での物質の挙動を理解し制御するための各専門科目を学びます。量子エネルギートラックでは、未来の新エネルギーを体系的に理解し、そのなかで材料に求められる特有の課題について、講義・実験・実習によって学んでいきます。

コースの詳細はこちら(専攻別Webサイト)

ページトップ