数理システム工学専攻

数理システム工学専攻Webサイトへ

 数学の専門的知識を身につけ、数理科学の立場から、社会を取り巻く複雑で多岐にわたる問題を適切に解決する技術者・研究者を養成します。

 諸科学で現れる様々な問題の解決を図るとき、用いられる重要な共通言語は『数学』です。純粋な『数学』を研究すると共に、それを応用しようとする学問分野を『数理科学』といいます。『数理科学』は、以下の2つの側面をもつ学問です。
(1)同一の方程式が様々な分野で用いられるという普遍性をもつ学問
(2)複雑な変化の中から変わらない量や性質を見出すという不変性を追求する学問
 本専攻では、『数理科学』の“2つのふへん性”(普遍性・不変性)を体験することにより、物事を統一的な視点でとらえ、高度な「数学的知識」と「数理的思考」で工学の学際的、分野横断的な諸問題を解決する能力を身につけていきます。

ページトップ