スタッフ紹介

斎藤 務

斎藤務

教授

<所属部署> 機械航空創造系学科
生産システム工学系専攻・航空宇宙総合コース

<居室>A207号室

学 歴 1970年4月 京都大学工学部航空工学科入学
1974年3月 京都大学工学部航空工学科卒業
1974年4月 京都大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程入学
1976年3月 京都大学大学院工学研究科航空工学専攻修士課程修了
1976年9月 トロント大学航空宇宙研究所博士課程入学
1982年5月 Ph.D (トロント大学)取得
職 歴 1981年9月~1983年10月 トロント大学航空宇宙研究所リサーチアソシエイト
1984年4月~1984年10月 京都大学工学部航空工学科研究生
1984年11月~1986年8月 日本真空(株)勤務
1986年8月~1996年12月 日本クレイ(株)
1997年1月~1998年9月 合併により,日本シリコングラフィックス・クレイ(株)と社名変更
1998年10月~2004年3月 東北大学流体科学研究所 助教授
2005年4月~ 現職
専門分野 (1)気体、液体、固体中を伝播する衝撃波の基礎研究
(2)固気、気液2相流の実験および数値解析的研究
(3)衝撃波の学際的応用ならびに実用研究
研究内容 (1)・ 超音速ノズルの始動過程の実験的、数値解析的研究
・ 2次噴流による超音速ノズル流れの推力方向制御の数値解析
・ 超音速流れ場における平板乱流境界層の数値解析
(2)・ 固気混合気体中の衝撃波および固体微粒子の挙動に関する実験と数値解析
・ 抵抗係数の非定常性の与える効果に関する研究(共同研究)
・ 静止気体中に噴射される液体噴流の数値計算(共同研究)
・ 超音速流れに垂直な液体噴流の数値計算
(3)・ 大気と火山噴火ガスの混合様式と、噴煙柱の形成に関する数値解析
(地球シミュレータ大規模計算プロジェクト)
・ 爆発事故における爆風災害予測(発射事故、工場爆発事故、火山噴火 等)
・ 気体力学的原理に基づく冷凍機の開発
・ 惑星、彗星衝突の数値模擬(理学との学際研究)
その他 ・ 無隔膜衝撃波管と、流れ場可視化装置の設計と開発
・ 3次元大規模計算用並列計算プログラムの開発