室蘭工業大学建設社会基盤系学科 Department of Civil Engineering and Architecture Muroran Institute of Technology

学科・専攻案内>沿革


沿 革

 室蘭工業大学の歴史は,札幌農学校(農学科)に工学科が設置された1887年(明治20年)にはじまります。 当学科の生い立ちもこの時にはじまり,その後,北海道帝国大学農科大学に付属された土木専門部(1918-1949),ついで室蘭工業大学土木工学科(1949-現在),さらに国立大学において東北以北3番目の建築工学科の設置を経て(1966),学科の基が出来上がりました。そして1990年に土木工学科と建築工学科が合わさって現在に至っています。卒業生数は,1887年から2003年の117年間で5,249人にのぼります。皆さんには,本学科の伝統を誇りとして,新しい時代をきりひらいて頂きたいと考えます。


1887(明治20)年 札幌農学校に工学科が設置
1897(明治30)年 新たに土木工学科が設置
1907(明治40)年 札幌農学校が東北帝国大学農科大学へ改称
付属土木工学科の設置
1918(大正07)年 東北帝国大学農科大学が北海道帝国大学農科大学へ改称
土木専門部(土木工学科)の設置
1944(昭和19)年 室蘭高等工業学校が室蘭工業専門学校と改称
1949(昭和24)年 室蘭工業大学の誕生,土木工学科の設置
(北海道帝国大学農科大学土木専門部と室蘭工業専門学校の統合)
1965(昭和40)年 大学院工学研究科博士前期課程土木工学専攻の設置
1966(昭和41)年 建築工学科が設置(関東以北3番目の建築学科の設置)
1970(昭和45)年 大学院工学研究科修士課程建築工学専攻の設置
1990(平成02)年 建設システム工学科(土木工学科と建築工学科の合併)創設
大学院博士後期課程「建設工学専攻」の創設
2009(平成21)年 建築社会基盤系学科へ改組(建築学コース,土木工学コース)
大学院博士前期課程「建築社会基盤系専攻」へ改組
現在に至る