TOP > 利益相反マネジメント

利益相反マネジメント

利益相反とは

◎定義

ア 役職員の産学官連携活動に伴う職務遂行責任と、本学における責任とが両立し得ない状態(責務相反)

イ 役職員が産学官連携活動に伴って得る利益と、本学における責任とが相反している状態(狭義の利益相反)

※利益相反自体は、悪いことではない

産学官連携活動により社会貢献を行う場合、必然的に利益相反が生じます。従って、利益相反自体は悪いことではなく、産学官連携を推進する方針を打ち立てている本学は、これを適切な範囲にマネジメントした上で、認めていくことになります。

利益相反の具体的事例

◎利益相反(狭義)の具体的事例

兼業で多額の収入を得る場合
兼業先や共同研究先の企業の株式を大量に取得する場合
兼業先や共同研究先の企業から物品を購入する場合

◎責務相反の具体的事例

兼業や共同研究に時間割くことにより、本学での本来の責務である教育研究に影響を与える場合

室蘭工業大学の利益相反マネジメント

(1)目的

i)役職員の利益相反を適切にマネジメントし、安心して産学官連携活動を行える環境を作ることにより、産学官連携活動を推進すること。

ii)利益相反行為につき大学が説明責任を果たし、本学及び役職員の社会的信頼を保護すること。

(2)利益相反マネジメントのシステム

i)学長の指示による申告、自己申告、ヒアリング等により、役職員の利益相反の状況を調査

ii)委員会の審査(申告があった場合)

 ※本学として、利益相反を許容できないと判断する基準
 (1) 役職員が本学の職務に対して、個人的な利益を優先させていると客観的に判断できる場合
 (2) 役職員が、本学における職務活動よりも外部活動を優先させていると客観的に判断できる場合

iii)マネジメントに従った役職員の行動については、外部からの指摘に対し、大学が説明責任を果たす

国立大学法人室蘭工業大学利益相反マネジメントポリシー
国立大学法人室蘭工業大学利益相反マネジメント規則
利益相反自己申告書(準備中)

兼業との関係

多くの兼業は、利益相反となります。

兼業報酬→利益相反となる可能性有

兼業時間→責務相反となる可能性有


不明な点は、知的財産本部へご連絡ください。
TEL:0143-46-5980
email:chizai@mmm.muroran-it.ac.jp
(担当事務:地域連携推進課)


室蘭工業大学 | 地域共同研究開発センター | 知的財産本部TOP

アクセス | リンク | サイトマップ
ニュース・イベント | 知的財産本部の活動 | ポリシー | 規則・ガイドライン | 届出・契約書の様式
発明等の取扱 | MTA | 安全保障貿易管理 | 利益相反マネジメント | Q&A


国立大学法人 室蘭工業大学 地域共同研究開発センター内 知的財産本部
〒050-8585 北海道室蘭市水元町27-1 TEL 0143-46-5980(事務室) FAX 0143-46-5981
E-mail:chizai@mmm.muroran-it.ac.jp