情報・感性

Information/Sensibility

Seeds
キーワード:クラウドコンピューティング、システム最適化
クラウドコンピューティングの利用技術
ひと文化系領域
人間・社会ユニット
くわた よしたか

桑田 喜隆教授

Phone:0143-46-5893
Fax:0143-46-5899
クラウドコンピューティングの利用技術

研究の目的

クラウドコンピューティングは、インターネットを経由してCPU、メモリ、ストレージなどの計算資源を借りて計算を行う仕組みである。柔軟なシステム構築や運用が可能になるが、導入にあたってはクラウド特有の課題解決が必要である。本研究は、具体的なサービスを取り上げクラウドの利用技術の研究を行なっている。

研究の概要

クラウドシステムの最適化

1.オンデマンドシステム構築技術
  構築を自動化して、迅速にクラウド上にシステムを構築する。
2.ライフサイクル最適化
  運用中のソフトウェア更新はシステム停止が必要になる。 
  更新タイミングを最適化することで、ライフサイクルコストを下げる。
3.システム運用技術
  クラウドを使った災害復旧、ログ分析技術(例:学習支援システム)

研究(開発)のアピールポイント

研究の新規性、独自性

最新技術を応用した、クラウドの最適化技術
・コンテナ技術の活用
・Jupyter Notebookによるノウハウ蓄積
・オープンソースソフトウェアの活用

研究に関連した特許の出願、登録状況

なし

従来研究(技術)と比べての優位性

ライフサイクル全体を考慮した、システムの最適設計が可能になる。

研究(開発)のビジョン・ステージ

適応分野

クラウド上に構築するシステムの運用
仮想化システム
学習支援システム

研究のステージ

基礎研究応用段階

製品化、事業化のイメージ

企業システムのクラウドへの移行
クラウドネィティブなアプリケーション開発

企業等へのご提案・メッセージ

研究(開発)に関連して、あるいはそれ以外に関われる業務

クラウドコンピューティング関連の共同研究やコンサルティングを実施可能

利用可能な設備、装置など

 

 

(必要に応じて、商用クラウドを利用)

  

教員からのメッセージ

企業での研究開発の経験をベースにクラウドコンピューティングを応用した
システム構築のノウハウを保有しています。
関連する分野で課題があれば、お気軽にご相談下さい。
ページトップ