建設・ 社会基盤

Construction/Infrastructure

Seeds
キーワード:景観まちづくり、町並みの保存・活用、観光、世界遺産、住宅計画
地域資源を活用した、まちを元気に快適にする企画
もの創造系領域
環境建築学ユニット
うつみ さわこ

内海 佐和子准教授

Phone:0143-46-5243
Fax:0143-46-5962
まちを元気に、快適に

研究の目的

地域資源および町の方向性、要望を把握し、元気で快適なまちづくりや 地域資源の活用、町並みの保存・活用に役立てる。

世界遺産リスト登録を機に観光客でにぎわう町並み

研究の概要

地域資源の地域資源の活用・まちの活用・まちの活性化

-町の景観はなぜ変わるのか? -町並みを保存するとなぜ観光地化が起こるのか? -町の観光地化はどのように展開するのか? -町並み保存やまちづくりの功罪は? -世界遺産リスト登録による保存された町並みへの影響は? 町は変化する。その背景、理由、状態は様々である。 その町の変容要因の理解を踏まえ、さらに地域の要望を加味したうえで、 地域資源を活かした元気で快適なまちづくり提案を行う。
 

研究(開発)のアピールポイント

研究の新規性、独自性

実際的な問題の把握を目的とした フィールドワークによるデータ採集

研究に関連した特許の出願、登録状況

なし

従来研究(技術)と比べての優位性

地域密着

ハノイでのフィールドワーク

研究(開発)のビジョン・ステージ

適応分野

景観まちづくり 町並みの保存・活用 都市資源の観光活用

研究のステージ

基礎研究応用段階

製品化、事業化のイメージ

地域資源や地域特性を 活かしたまちづくりや 町の活性化の企画・提案
ホイアンで開催した観光地化エキシビション

企業等へのご提案・メッセージ

研究(開発)に関連して、あるいはそれ以外に関われる業務

景観まちづくりに関するアドバイス 町並みの保存・活用に関するアドバイス 都市資源の観光活用に関するアドバイス

利用可能な設備、装置など

研究室に所属している学生、大学院生らによるワークショップへの協力

ハノイで行われた大学院生によるワークショップ

 

教員からのメッセージ

まちづくりや町の保存・活用、都市資源の観光活用などに興味のある方は、 是非、お問い合わせ下さい。
ページトップ