室蘭工業大学 キャリア・サポート・センター
 

キャリア・サポート・センターとは?

「自分探し」から「自分づくり」へサポート!

 近年、国際化や情報化の進展、産業構造の転換や価値観の変化に伴い、企業や行政等の諸団体が求める人材像も大きく変化し、雇用の形態も多様化しています。また、一方で、若い世代の職業、仕事に対する意識も変化しています。

 キャリア・サポート・センターは、そうした変化の時代にあって、求められる人材と社会の双方によい出会いを実現するためのサポート拠点です。

 各学科の就職担当教員とセンター専属のスタッフが連携して、企業等が求める人材の条件などの情報を収集、共有するとともに、学生諸君が自らの適性を見極め職業についての知識を深める支援をすることを通じて、企業と学生諸君の双方に最適なマッチングの実現を目指しています。

 主な活動は、「キャリア教育」「インターンシップ」「企業セミナー」「キャリアカウンセリング」等。学生諸君への企業や就職活動に関する情報提供はもちろん、進路に関するあらゆる相談にも応じています。また、各人が自ら就職情報をインターネットで検索できるパソコンを備えています。

 企業、行政等の諸団体様、学生諸君、双方から気軽に訪ねて頂き、出会いの場として機能できることを願っています。


活動内容
  • キャリア教育
    室蘭工業大学では、4年間を掛けた全学あげてのキャリア教育に取り組んでいます。
    1年次には、「フレッシュマン・セミナー」。高校までの勉強との違いや大学に入っての学習がどう専門的な研究や職業に関連しているかについて学びます。

    2年次には、「キャリア・デザイン」。キャリア・サポート・センターの担当教員が直接に講義。現代の企業に、行政に、諸団体にどういう変化が生じ、求める人材像がどう変わってきているかについて考えます。正式授業科目として2単位が認定されます。

    3年次(M1年次)には、「キャリア・ガイダンス」。いよいよサポートもより具体的、実践的に。自己分析、面接時のマナー指導や各種試験対策教室、さらに、先輩たちのアドバイスが得られる懇談会も開催。
    また、3年次(M1年次)には、「インターンシップ」があります。インターンシップとは、「学生が自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」。現場の体験は言葉には表現できない知識を与えてくれます。
    室蘭工業大学では、インターンシップを正式授業科目として設定し、実践教育の一環として取り組んでいます。

    4年次になると、いよいよ進路決定。各学科の就職担当の先生が地域や職種、個々の適性や興味などを考慮しながらどんな企業を選ぶか、あるいは大学院へ進学するか、進路決定のアドバイスを行ってくれます。もちろんキャリア・サポート・センターでもご相談に応じます。
  • 求人情報、就職情報の提供
    キャリア・サポート・センターで受領した企業等からの求人情報や会社案内は、キャリア・サポート・センターでとりまとめ、閲覧できるようになっています。必要な求人票、資料はコピーすることができます。また、リスト化し各学科の就職資料室にも届けています。
    また、学科指定で求人票・会社案内等が届けられる場合があります。学科指定のある求人票は直接各学科へ届けています。各学科の就職資料室も必ず覗いてみてください。
    企業情報提供で一番重要なイベントが「合同業界研究会」。現代の最前線を行く企業の方々をお招きして、最新の業界動向、企業動向についてお話をいただきます。3年次の10月にスタート、3年次の1月、2月に合同業界研究会を行います。
    その他、各種就職情報、企業情報を提供、インターネットで検索が出来るパソコンも用意しています。
  • キャリア設計、就職活動に関する個々のご相談
    自らのキャリア設計のための相談や就職活動についての相談に応じています。履歴書の書き方、エントリーシートの書き方、面接試験の受け方などから、悩み事まで、気になることは何でも相談してください。


所在地と連絡先

 〒050-8585
室蘭市水元町27番1号 
  室蘭工業大学キャリア・サポート・センター
     電   話:0143(46)5122
     ファックス:0143(46)5134
Eメール :csc@mmm.muroran-it.ac.jp

場所は、大学会館1階です。

各学科就職担当教員については次のとおりです。

平成28年度就職担当教員一覧

平成29年度就職担当教員一覧

更新年月日:2017年3月17 作成担当部局:キャリア・サポート・センター 問合せ先:csc@mmm.muroran-it.ac.jp