学長あいさつ

法人化第3期の始まりに際して

 

 いよいよこの4月から国立大学法人は第3期の中期目標期間が始まり,国立大学はその目標・計画の設定に際して,3つのカテゴリーへの分類を自ら選ぶこととなりました。

 本学は,「主として、人材育成や地域課題を解決する取組などを通じて地域に貢献する取組とともに,専門分野の特性に配慮しつつ,強み・特色のある分野で世界ないし全国的な教育研究を推進する取組等を第3期の機能強化の中核とする国立大」という分類を選びました。

 まず,地域に貢献する取組みについては,本学が北海道地区の代表校となって道内の北見工業大学,北海道科学大学,千歳科学技術大学の4理工系大学と道内の4つの工業高等専門学校(釧路,旭川,苫小牧,函館)が自治体や産業界とも連携して,文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生事業(COC プラス)」に採択され,「オール北海道雇用創出・若者定着プロジェクト」を開始しました。また研究面からも,自治体と連携した石炭地下ガス化(三笠市)やシップリサイクル(室蘭市)に関する研究,さらにはシソの持つ抗認知症機能の研究を軸とした産業振興(白糠町)など,地域資源,エネルギーを利用した,地域からのグローバル展開・研究の発展を目指しています。

 また,教育の観点では、学士課程における国際水準の教育を保証する日本技術者認定機構が認定した8つの技術者教育プログラムを走らせています。ここでは大学院での教育との接続性を重視し,社会が求める科学技術者を育てるべく,アクティブラーニングを意識した学生の主体性,自走力を高める教育を行っています。

 平成26年度に改組再編した大学院においては,博士前期課程における主専修での高度な専門教育に加えて,副専修科目やコースワークの充実,実質化を進め,博士後期課程で,長期インターンシッププログラムの実質化と充実,アドバイザリーボードからの意見,提言を活用してDC英語プレゼンテーション科目やイノベーション科目群を一層充実させて,裾野が広い幅広人材を育てます。

 さらに,強み・特色のある分野での研究の観点からは,ものづくりをベースとして,環境・エネルギー材料や航空宇宙機システム分野をはじめとして,国内最高水準の研究拠点形成を目指します。とりわけ,環境調和材料工学研究センターでは国際的研究・教育の拠点形成に向けて,平成26年10月に開設した,希土類(レアアース)の有効利用に特化した国内唯一の研究組織であり,世界規模のリーディングカンパニーである株式会社三徳との連携による「三徳希土類講座」を軸に,希土類を利用した新規材料の研究開発を進めています。

 以上のように,室蘭工業大学は「創造的な科学技術で夢をかたちに」の基本理念のもと,時代と社会の要請に応え,国際的に通用する高度な技術者の育成,イノベーションの創出につながる研究,地域活性化の拠点としての役割を果たすべく,決意をもって進みます。各界のご支援とご協力をお願い申し上げます。

 

空閑学長

室蘭工業大学長 空閑 良壽

これまでの告辞・あいさつ等

更新年月日:2016年4月7日
作成担当部局:総務広報課広報地域連携係

ページトップ