2018.10.25. / 大学案内

地域協働機器センターを開設しました

 本学は新たに地域協働機器センターを開設しました。
 広く地域に開かれた研究を加速するため、柔軟な組織を目指しており、期限付きのラボを設置しています。
 北海道の大きな特徴である水産業、農業などの一次産業だけでなく流通業、教育、環境などへのAIやブロックチェーンの適用を目指すAIラボ、地域の「ものづくり」に貢献することを意識した分析機器ラボを稼働させています。今後ともデータサイエンス、データエンジニアリングによるオープンな体制で地域の発展に寄与していきます。

 

 

地域協働機器センター センター長 岸上順一

 

ページトップ