2018.12.03. / 大学案内

しくみ情報系領域 董 冕雄(とう めんゆう)准教授が「科学技術への顕著な貢献2018(ナイスステップな研究者)」(全国で11人)として選定されました

 しくみ情報系領域 董 冕雄(とう めんゆう) 准教授が「科学技術への顕著な貢献2018(ナイスステップな研究者)」(全国で11人)として選定されました。
 この制度は科学技術・学術政策研究所(NISTEP)にて、「科学技術イノベーションの様々な分野において活躍され、日本に元気を与えてくれる方をナイスステップな研究者」として選定されるもので過去にはノーベル賞を受賞した天野浩氏や山中伸弥氏らも選定されています。

 平成30 年の選定においては、NISTEP の日頃の調査研究活動で得られる情報や、専門家ネットワーク(約2,000 人)への調査で得た情報により、最近の活躍が注目される研究者約600 名の候補者を特定し、優れた研究成果、国内外における積極的な研究活動の展開、研究成果の実社会への還元、今後の活躍の広がりへの期待等の観点から選定されました。

 本学から初の選出となり、今後、文部科学大臣の表敬訪問と選定式が予定されています。

しくみ情報系領域 董 准教授

 

 

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)HP http://www.nistep.go.jp/archives/38907

 

ナイスステップ報道発表

ページトップ