2019.08.09. / 大学案内

家畜伝染病防疫のための多機能粒状消石灰のモニター配布(無料)を開始しました

 本学と地元企業・自治体等が協力して進めている多機能粒状消石灰の開発プロジェクトが、全国のモニターに向け出荷を開始しました。

 このプロジェクトは、山中真也准教授(大学院工学研究科しくみ解明系領域)が代表者となり、同領域の徳樂清孝准教授、上井幸司准教授とともに、国立研究開発法人農業・食品産業総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターが実施するイノベーション創出強化研究推進事業の支援を受けて実施しているもので、口蹄疫・高病原性鳥インフルエンザ・サルモネラ症・豚コレラなどの防疫対策として広く利用されている「消石灰」を多機能化し、「より使いやすい消石灰」の開発を目的とするものです。

 これらの研究開発を通じて、安全で良質な酪農畜産物の安定供給に向けた貢献を目指します。

 

 

 

(詳細はこちら)http://www.h-nmr.net/index.html

ページトップ