2014.03.10. / 大学案内

女性研究者研究活動支援事業キックオフシンポジウムを開催しました【2/19(水)】

 2 月19日(水)に大学会館多目的ホールにおいて、女性研究者研究活動支援事業キックオフシンポジウムを開催しました。

 このシンポジウムは、本学が昨年9月に文部科学省「女性研究者研究活動支援事業(一般型)に採択されたことを受け、本学における男女共同参画のさらなる推進を図るため、シンガポール国立大学准教授ヴィニータ・シンハ氏を基調講演の講師に、北海道大学大学院農学研究院・生命科学院教授有賀早苗氏をパネリストに迎え、教職員及び学生並びに市民や近隣自治体の男女共同参画推進に携わる職員等約40名が参加して実施しました。

 佐藤学長の挨拶の後、シンハ氏からシンガポールの高等教育分野、科学技術分野における女性の社会進出についてご自身の研究を交えて講演いただきました。講演の後、パネルディスカッションを行い、有賀氏から北海道大学における女性研究者支援の活動状況や今後の展望について述べられた後、本学における女性研究者支援の活動状況や今後の取り組みについて、本学木幡男女共同参画推進室長から説明があり、引き続きシンハ氏や有賀氏と本学の女性研究者支援体制の構築について意見交換を行いました。

 参加者は熱心に聞き入り、本学の女性研究者支援事業のキックオフを記念するシンポジウムとなりました。

 

 

 

シンポジウムの様子(講演するシンハ氏)

シンポジウムの様子(講演するシンハ氏)

会場の様子

会場の様子

 

 

 

 

作成担当部局:総務グループ職員ユニット

ページトップ