産学官連携・研究協力情報

寄附分野等

目的

 寄附分野等は、奨学を目的とする民間等からの寄附を有効に活用して本学の主体性の下に設置、運営し、本学における教育研究の豊富化、活発化を図る制度です。

名称

  • 1. 当該寄附分野等における教育研究の内容を示す名称を付することができます。
  • 2. 寄附者が明らかとなるような字句を付することができます。

存続期間

 原則として2年以上5年以下としていますが、更新することも可能です。

編制

 少なくとも教授又は准教授に相当する者1人及び准教授又は助教に相当する者1人を単位とします。

設置手続

  • 1. 「室蘭工業大学寄附分野等規則」を確認してください。(PDF
  • 2.寄附申込書(別記様式第1号)、寄附分野等の概要(別記様式第2号)、担当教員予定者の
    就任承諾書(別記様式第3号)並びに教員個人調書及び教育研究等業績調書(別記様式第4号)
    を提出してください 。
  • 3. 必要書類が受理されてから、教育研究評議会の議を得て、学長が設置を決定します。

  • ※設置手続及び様式等については、事前に事務担当へご相談ください。

税制上の優遇措置

 国立大学法人に対する寄附につきましては、当該寄附が国立大学法人法第22条第1項に規定する国立大学法人の業務のうち第1号から第5号までに掲げる業務に充てられるものの全額について、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄付金(所得税法第78条第2項第2号)又は法人税法上の全額損金算入を認められる指定寄附金(法人税法第37条第3項第2号)として財務大臣から指定されます(昭和40年大蔵省告示第154号)。
 したがって、これらの寄附につきましては次のような税制上の優遇措置が講じられます。

個人からの寄附
2千円を超える部分について当該年の所得の40%を限度に当該年の所得から控除可能

法人からの寄附
全額損金算入可能

成果報告

  • 三徳希土類講座(平成26年10月1日~平成30年9月30日)(PDF

事務担当

  • 研究協力課研究戦略係へお問合せください。
  • (TEL)0143-46-5021、(E-mail)renkei@mmm.muroran-it.ac.jp

 

更新年月日:2018年10月11日

作成担当部局:研究協力課研究戦略係

ページトップ