産学官連携・研究協力情報

リサーチ・アシスタント

趣旨

 この制度は、本学が行う研究プロジェクト等に、優れた大学院後期博士課程在学者を研究補助者として参画させ、研究活動の効果的推進、若手研究者としての研究遂行能力の育成を図るための制度です。

雇用形態について

 リサーチ・アシスタントに採用されると、本学の非常勤職員として、1日につき7時間以内、週20時間を超えない範囲での勤務を行うこととなります。
 なお、リサーチ・アシスタントは、ティーチング・アシスタントと兼務することはできません。
 また、年度を越えて雇用期間とすることもできません。

勤務日の割り振りの変更について

 リサーチ・アシスタントの勤務日の割り振り変更については、次のとおりとなります。

受入教員が出張を依頼する場合、授業時間の変更の場合

 受入教員より、事前に割り振り変更の申請があった場合に限り、当該学生が受ける授業及び研究指導に支障が生じない範囲内で、勤務時間の割り振り変更を行うことができます。ただし、雇用期間を超えての割り振り変更は行えません。
 割り振り変更が行われると、当初予定されていたリサーチ・アシスタントの勤務日は、欠勤扱い(勤務は無かったもの)となります。

提出書類〔出張を依頼する場合〕

  • 1.勤務時間変更依頼
  • 2.旅行依頼命令簿(写)

提出書類〔授業時間変更の場合〕

  • 1.勤務時間変更依頼
  • 2.大学院履修届(写)

自己都合での出張、休暇等の場合

 リサーチ・アシスタントの勤務日は、欠勤扱いとなります。この場合、割り振り変更を行うことはできません。

提出書類

1.欠勤届

事務手続きについて

  • 1. 学内に公募をします。採用希望のある教員(研究代表者)は、採用計画調書を提出してください。
  • 2. 応募のありました採用計画について、研究推進室にて検討します。
  • 3. 採択された採用計画について通知しますので、決定した雇用時間に基づき、次の書類を提出してください。
    • (1)勤務時間カレンダー
    • (2)給与の口座振込申出書
    • (3)扶養控除等申告書
    • (4)大学院履修届(写)
  • 4. 雇用に関する辞令を交付します。研究代表者からリサーチ・アシスタント本人に渡してください。
  • 5. 研究プロジェクト期間中は、リサーチ・アシスタントは各学科等事務室に置いてある出勤簿に、勤務の都度押印してください。
  • 6. 研究代表者は、リサーチ・アシスタントに関する実績報告書を提出してください(例年3月末頃提出期限)。

様式等のダウンロード

  • リサーチ・アシスタント取扱要項(Word)(PDF
  • 勤務時間カレンダー(Excel
  • 計画調書[記入例つき](Word)(PDF
  • 勤務時間の変更について(依頼)[記入例つき](Word)(PDF
  • 欠勤届[記入例つき](Word)(PDF
  • 実績報告書[記入例つき](Word)(PDF

更新年月日:2016年8月17日
作成担当部局:総務広報課研究協力室研究戦略係

ページトップ