産学官連携・研究協力情報

組換えDNA実験関連

趣旨

 遺伝子組換え生物等による生物多様性への影響を防止するため「生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」が平成12年1月に生物多様性条約締約国会議において採択されました。我が国では、本議定書の実施に必要な国内措置を定めた「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成十五年法律第九十七号)」を平成15年6月18日に公布し、同議定書を平成15年11月21日に締結しました。同法はカルタヘナ議定書が我が国に効力を発する平成16年2月19日から施行されています。
 ここでは、本学において遺伝子組換え生物等を使用する組換えDNA実験を実施するにあたって必要な申請、報告の手続きに関する規則及び様式を掲載しています。

様式等のダウンロード

  • 組換えDNA実験実施規則(Word)(PDF
  • 室蘭工業大学組換えDNA実験安全委員会規則(Word)(PDF
  • 様式1・2(Word)(PDF
  • 様式3・4(Word)(PDF
  • 様式5(Word)(PDF
  • 様式6(Word)(PDF
  • 様式1・記入例(Word)(PDF
  • 様式2・記入例(Word)(PDF
  • 様式3・記入例(Word)(PDF
  • 様式5・記入例[承認実験](Word)(PDF
  • 様式5・記入例[届出実験](Word)(PDF

リンク集

更新年月日:2017年6月14日
作成担当部局:総務広報課研究協力室研究支援係

ページトップ