入学料・授業料の免除及び徴収猶予

入学料免除及び徴収猶予

入学料免除

 次のような事情により、入学料の納付が困難な学生に対して、本人の申請に基づき選考の上、入学料の全額又は半額を免除する制度があります。

  • (1) 本学の大学院へ入学するもので、経済的理由によって納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
  • (2) 本学(大学院及び学部)へ入学する者で、入学1年以内において、学資負担者が死亡し、又は、学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、納付が著しく困難と認められる場合。

入学料の徴収猶予

 次のような事情により、納付期限までに入学料の納付が困難な学生に対して、本人の申請に基づき選考の上、入学料の徴収を猶予する制度があります。

  • (1) 本学(大学院及び学部)へ入学する者で、経済的理由によって納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
  • (2) 本学(大学院及び学部)へ入学する者で、入学1年前において、学資負担者が死亡し、又は、学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、納付が著しく困難と認められる場合。

 

博士後期課程社会人学生に対する入学料免除制度

 

授業料免除及び徴収猶予

 授業料は、前期分と後期分の2回に分けて納めることになっていますが、次の事項に該当する学生に対し、その期の授業料の免除(全額または半額)または徴収の猶予をする制度があります。

  • (1) 経済的理由により、授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。
  • (2) 各期ごとの授業料免除申請前6か月以内(新入生は、入学した日の属する期分の免除に係る場合は、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡または本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、授業料の納付が著しく困難と認められる場合。

 授業料免除及び徴収猶予を希望する学生は、前期分は1月下旬頃、後期分は7月下旬頃に掲示により手続方法をお知らせしますので、申請時期などを間違えないよう注意してください。授業料を納付した場合は、免除対象とはなりません。

授業料の納入について

博士後期課程社会人学生に対する授業料免除制度

 

更新年月日:2017年1月16日
作成担当部局:学務課学生支援係

ページトップ