大学院博士後期課程物質工学専攻2年 元茂朝日さん

 

 元茂朝日さんは、本学の女子学生で、学部卒業、博士前期課程修了後に博士後期課程に進学しました。通常3年間の博士後期課程を1年間短縮し、平成26年3月に博士(工学)の学位を取得予定です。

 博士前期課程1年生の夏には、世界トップレベルのドイツのマックス・プランク高分子研究所で2ヶ月間共同研究を行い、博士後期課程2年生の12月から1月末までの2ヶ月間は、ベルギーのモンス大学において、新型の原子間力顕微鏡(AFM)を用いた、π共役系有機ナノ材料の研究開発に参加しました。この間、The 9th SPSJ International Polymer Conference 2012 Young Scientist Poster Award、室蘭工業大学佐藤矩康博士記念国際活動奨学賞(2回)を受賞しています。

 この4月から東京工業大学資源化学研究所において、JST戦略的創造研究推進事業ERATO型の彌田超集積材料プロジェクトの博士研究員として採用され、今後の活躍が期待されます。

 

 

 

実験の様子

実験の様子

室蘭工業大学佐藤矩康博士記念国際活動奨学賞授賞式(平成25年2月)

室蘭工業大学佐藤矩康博士記念国際活動奨学賞授賞式(平成25年2月)

 

 

 

更新年月日:2014年3月14日

作成担当部局:総務グループ総務ユニット

 

ページトップ