コース分属

【平成31年度以降入学者】※平成30年度以前入学者はこちら


 学部2年次の10月1日からそれぞれのコースに所属します。説明会等の案内はその都度掲示しますので、必ず確認してください。

学科各コースへの分属方法

 2年次前期終了時における学科各コースへの分属方法は、以下に示す規定を基本とし、実施の詳細は各学科において定めています。 なお、分属後の学科内のコース変更は原則認められません。

スクリーニングの実施

  • ①1年次終了時に次のスクリーニング条件を満たさない学生(以下、「スクリーニング学生」という。)は、2年次後期における学科各コースへの分属を保留するものとする。
  • ≪スクリーニング条件≫
  •  理工学部共通科目及び所属する学科の学科共通科目のうち、1年次に開講している必修全科目の修得単位数が、昼間コースについては11単位、夜間主コースについては12単位
  • ②スクリーニング学生は、1年次に開講している科目以外は履修することができない。ただし、2年次に開講している一般教養教育課程の科目については履修することができるものとする。
  • ③スクリーニング学生の翌年度以降のスクリーニングは、1年次同様に3月に実施し、スクリーニング条件をクリアした学生の学科各コースへの分属は翌年度後期からとし、分属方法の詳細は、各学科において定めるところによるものとする。

コース分属の時期

 学部2年次後期(毎年10月1日)とする。

学科各コースの標準受入人数

  • ※コース受入人数の決定:入学者数から下記の学生を調整し、標準受入人数を目安に按分する。
  • ①スクリーニング学生を除く。
  • ②推薦入試IA入学者のうち、入学試験成績の上位による仮分属の対象者(以下「仮分属学生」という。)を除く。    
  • ③外国人留学生入試及び外国政府派遣による留学生(以下「留学生」という。)を除く。   
  • ④休退学者を除く。
学科 コース名 標準受入人数 定員
創造工学科 建築土木工学コース 110名 325名
機械ロボット工学コース 70名
航空宇宙工学コース 50名
電気電子工学コース 95名
創造工学科(夜間主コース) 機械系コース 20名 40名
電気系コース 20名
システム理化学科 物理物質システムコース 45名 235名
化学生物システムコース 90名
数理情報システムコース 100名

学生の希望

  • ①各学科の指定する期日までに提出するコース希望調査票により、学生の分属を行う。
  • ②コース希望調査票は、学科内の全コースに希望順位をつけて提出するものとする。

成績による調整

  • ①コース希望調査票による各コースの希望がコース受入人数を超える場合には、1年次及び2年次前期に開講している必修全科目の成績により決定するものとし、成績上位者から希望に従いコースに分属する。
  • ②成績とは、2年次9月時点における各授業科目の素点成績(各100点満点)に単位数を乗じた合計とする。
  • ③成績が同点の場合には、1年次及び2年次前期に開講している各学科共通科目の必修全科目の成績により成績上位者を決定する。

留学生のコース分属

  • ①外国政府派遣による留学生については、当該留学生が希望するコースに分属する。
  • ②①を除く留学生のコース分属は、各学科が定める方法により実施する。

仮分属学生のコース分属

  • ①仮分属学生は、仮分属しているコースに分属する。
  • ②下記の場合は仮分属を取り消し、仮分属学生以外と同様に扱い、コース分属の方法に従って分属を行う。
  • ≪仮分属を取り消す場合≫
  • ・1年次及び2年次前期に開講している必修全科目の単位数の70%以上を修得していない場合
  • ・各学科が指定する期日までに仮分属を放棄する旨を申し出た場合
  • ・1年次終了時にスクリーニング条件を満足しなかった場合

スクリーニング学生が翌年度以降に実施されるスクリーニングにおいてスクリーニング条件をクリアした場合の分属

  • ①分属方法の詳細は、各学科において定めるところによるものとする。
  • ②成績による調整の際に用いる科目は、分属する年度の2年次生と同じ科目とする。

【平成30年度以前入学者】

 コース分属は、①「学科各コースへの分属」、及び②「副専門各コースへの分属」の2つがあり、学部2年次からそれぞれのコースに所属します。
 説明会等の案内はその都度掲示しますので、必ず確認してください。

①学科各コースへの分属方法

 学部2年次前期における学科各コースへの分属方法は、以下に示す規定を基本とし、実施の詳細は各学科において定めています。

スクリーニングの実施

  • ①所属する学科の主専門教育課程にある基底科目及び学科共通科目のうち、1年次に開講している必修全科目の修得単位数が半分未満の学生については、学科各コースへの分属を保留するものとする。
  • ②2年次に開講している科目のうち、所属する学科の主専門教育課程にある基底科目及び学科共通科目、副専門教育課程にある副専門科目については、分属を保留された学生についても履修することができるものとする。
  • ③分属を保留された学生の翌年度以降の学科各コースへの分属方法については、各学科において定めるところによるものとする。

コース分属の時期

 学部2年次前期(毎年4月1日)とする。

学科各コースの学生数

  • ①履修登録をした学生のみをコース分属の対象者とする。
  • ②外国人留学生特別選抜および外国政府派遣による留学生(以下、留学生)は、コース分属の調整の対象外とする。
  • ③事故や病気あるいは退学などの理由により欠員が生じた場合や、分属決定時点(3月末予定)の在籍学生(留学生は除く)が定員より多い場合には、当初設定のコース学生数を基本に按分して決定する。
学科 コース名 コース学生数
建築社会基盤系学科 建築学コース 55名
土木工学コース 55名
機械航空創造系学科 機械システム工学コース 60名
航空宇宙システム工学コース 40名
材料工学コース 40名
応用理化学系学科 応用化学コース 45名
バイオシステムコース 40名
応用物理コース 45名
情報電子工学系学科 電気電子工学コース 45名
情報通信システム工学コース 45名
情報システム学コース 45名
コンピュータ知能学コース 45名

学生の希望

  • ①学生の希望は、各学科の指定する期日までに提出する調査票のもとに決定する。
  • ②調査票は、学科内の全コースに希望順位をつけて提出するものとする。

成績による調整

  • ①各コースの希望に偏りがある場合には、1年次に開講している必修全科目の成績により決定するものとし、成績上位者から希望に従いコースに分属する。
  • ②成績とは、3月時点における各授業科目の素点成績(各100点満点)に単位数を乗じた合計とする。
  • ③成績が同点の場合には、学科で設定した授業科目の合計点の上位者を希望コースに分属させるものとする。

②副専門各コースへの分属

 学部2年次前期における副専門教育課程コース別科目の履修におけるコース分属については、以下のとおりです。

コース分属の時期

 学部2年次前期(毎年4月1日)とする。

副専門各コース

 副専門には下図の4コースを置き、おおむね各コースに所属する人数が等しくなるようコース分属を行う。(ただし、編入学生はコース分属を行いません。)

副専門のコース
経済と社会コース
市民と公共コース
こころとからだコース
人間と文化コース

更新年月日:2019年10月1日
作成担当部局:学務課

ページトップ