地方創生推進教育プログラム

【平成28年度~平成30年度入学者】※平成31年度以降入学者はこちら


概要

 地方公共団体や地元企業等と連携した取組や地域資源を活かした教育活動を通して、地方創生に資する能力を身につけることができる教育プログラムです。

 基礎の地方創生人材育成プログラムとアドバンストの俯瞰人材育成プログラム(俯瞰人材育成プログラムは平成29年度・平成30年度入学者のみ対象)から構成されており、卒業時に所定の単位を修得して修了要件を満たすことにより、それぞれプログラム修了証書が授与されます。

 

目的

「地方創生推進教育プログラム」は、地域産業を自ら生み出す人材など地域を担う人材を育成することを目的としています。


【平成31年度以降入学者】


概要

 地方公共団体や地元企業等と連携した取組や地域資源を活かした教育活動を行い、地方創生に資する能力を育成します。

 COC+地域志向人材育成プログラムを含有する仕組みで地方創生推進教育プログラムが構成されており、卒業時に所定の単位を修得して修了要件を満たすことにより、それぞれのプログラム修了証書が授与されます。

 

目的

「地方創生推進教育プログラム」は、地域産業を自ら生み出す人材など地域を担う人材を育成することを目的としています。


「地方創生推進教育プログラム」は、別表に示すように地域教育および地域課題教育に関する科目群で構成されています。
①地域教育に関する科目
北海道の自然、文化、社会、産業の特徴等から北海道を理解するとともに、現代における北海道と海外との関係について学びます。主に本学の一般教養教育科目で構成されています。
②地域課題教育に関する科目
地域の課題に取り組んで、自らの専門分野とは異なる分野の知識や技術に対応できる力や異分野の科学技術者と協働できる力を身につけます。科学や工学の課題解決に役立つ新しい技術は、多くの場合異分野との交流から生まれています。地域課題教育により、異分野との協働を学びます。主に本学の創造工学科共通科目とシステム理化学科共通科目、学部及び学科共通科目の中の情報科目、一般教養教育科目の中の地域連携科目や実習系の科目から構成されています。
◎本プログラムの対象科目については、学生便覧を参照して下さい。


室蘭工業大学は、2015年度から2019年度に、文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」を幹事大学として実施しており、室蘭工業大学の他に道内大学、道内4高専および、北海道、室蘭市などの9つの自治体、北海道で活躍している100以上の経済団体、金融機関、研究機関、企業がコンソーシアムを作り、道内産業を活性化するために、様々な取組を行っています。 COC+コンソーシアムでは、室蘭工業大学などのCOC+参加校(道内4大学と道内4高専)と企業や経済団体が連係して、学生の道内企業への就職を支援しており、COC+地域志向人材育成プログラムを実施し、そのプログラムで定めた科目から10単位以上を取得した学生に対して《COC+地域志向人材育成プログラム修了証書》を授与します。また、その所定科目から8単位を取得した学生に、《COC+地域志向人材育成プログラム修了見込証明書》を発行します。この《COC+地域志向人材育成プログラム修了見込証明書》により、北海道内の企業への就職支援を受けられるようになります。
◎本プログラムの対象科目については、学生便覧を参照して下さい。

ページトップ