学科の教育目的

 幅広い教養を有し、コミュニケーション力、チームワーク力倫理観など技術者としての基礎力を備え、自然科学の基礎知識、および情報工学と電気・電子工学に関する専門能力、ならびに情報化社会の維持と高度化に必要な中核技術とその基礎理論を修得した人材の養成を行います。

 

学科の教育目標

 本学科は、本学建学の精神の下に工学の諸問題を着実に解決できる能力を備え、国際的・地域的観点から社会的ニーズに貢献できる技術者を輩出してきました。この伝統を踏まえ、以下の項目を備えた技術者を養成することを目標とします。

1.(基礎知識と基礎技能)
  自然現象を理解するための基礎知識と専門分野の実践的な知識ならびに技術者としての基礎技能

2.(応用と問題解決力)
  知識を活用し、問題解決に向けて計画を立案・遂行する能力

3.(理論的思考力と倫理観)
  立案遂行した工学的解決方法を社旗的観点、倫理的観点を含む多角的な視点から客観評価する能力と、他者との理論を通じて改善していく能力

 

情報通信システム工学コースの教育目的

 信号処理技術、通信方式と通信システム、量子計測、コンピュータ工学などの情報通信の基礎となる理論から応用について、広範かつ均整のとれた専門能力と、コミュニケーション力、チームワーク力、倫理観など技術者としての基礎力を備え、さらに情報化社会の維持と高度化に必要な中核技術を習得した人材の養成を行います。

 

電気電子工学コース・情報通信システム工学コースの学習目標

A.(自然科学の基礎)
自然現象を理解するための基礎となる数学,物理学の知識を習得し,概念を理解し,計算できる能力を修得する

B.(電気電子工学分野の基礎)
電気電子工学分野の基礎知識を習得し,その背景を理解し,定量的に計算できる能力を修得する

C.(応用力)
習得した知識を種々の問題に応用しとくことができ,結果について理論的考察と定量的評価を行うことができる能力を修得する

D.(実践的問題解決能力)
情報を収集し,習得した知識を適用して,問題を分析し,与えられた制約条件のもとで問題を解決する方法を設計し,実施のための計画を立て,開発・実験することができる能力を修得する

E.(表現能力)
自分の意見を論理的に整理し,分かりやすく説明することができる能力を修得する

F.(チームワーク力)
グループで問題に取り組み,結果について議論し,まとめることができる能力を修得する

G.(自発的・継続的学習能力)
様々な問題について調査し,自ら解決する努力をし,得られた結果について検討・見直しを行うことにより改善していくことができる能力を修得する

H.(多面的思考と科学技術倫理)
電気電子工学分野の技術に対する社会の要請を理解し,社会や環境に与える影響について考えることができる能力を修得する