授業情報/Course information

開講学期/Course Start 2017年度/Academic Year  後期/Second
開講曜限/Class period 月/Mon 1
授業区分/Regular or Intensive 週間授業
対象学科/Department 情報電子工学系学科 情報システム学コース・コンピュータ知能学コース
対象学年/Year 3年,4年
授業科目区分/Category 教育課程 主専門教育科目
必修・選択/Mandatory or Elective 必修
授業方法/Lecture or Seminar 実験
授業科目名/Course Title 情報システム学実験/Laboratory in Information Systems
単位数/Number of Credits 1.5
担当教員名/Lecturer 須藤秀紹(情報電子工学系学科情報システム学コース),倉重健太郎(情報電子工学系学科コンピュータ知能学コース),岡田吉史(情報電子工学系学科情報システム学コース)
時間割コード/Registration Code C4717
連絡先/Contact 倉重健太郎(V204
0143-46-5489
kentarou[at]csse.muroran-it.ac.jp)
岡田吉史(okada@csse.muroran-it.ac.jp)
オフィスアワー/Office hours 倉重健太郎(水曜日 16:30-17:00)
岡田吉史(木曜日 16:00-17:00 (V402室) )
更新日/Date of renewal 2017/03/21
授業のねらい
/Learning Objectives
「情報推薦」,「数値積分法」,「計測・制御」の実験をとおして,講義で学んだ事柄をより深く理解する:

<情報推薦>
情報推薦とは,ユーザの好みに合う商品や情報を推定して提示する技術である.本実験では,Java言語を用いて情報推薦手法の1つであるユーザ相関法を実装し,その動作原理および性能評価方法を身につけることをねらいとする.

<数値積分法>
科学技術計算において微積分の使用頻度は高い.特に,解析的に解くことが難しい積分では,数値計算によってその性質が調べられる.しかし数値計算のためのパラメータを適切に設定しないと誤差が増大するばかりか真の性質からかけ離れた結果となる恐れもある.本実験ではC言語により数値積分法を実装し,パラメータ変化に対する結果の変化をみることで,正しく数値積分法を使用するための基礎知識を身につけることをねらいとする.

<計測・制御>
センサーから得られた情報に基づいて,自機の簡単な制御ができるようにする.
到達度目標
/Outcomes Measured By:
課題1: 情報推薦
目標1-1 ユーザ相関法の原理を理解し,それをプログラミングできる.
目標1-2 ユーザ間の類似度指標の計算法を理解し,精度評価を行うことができる.

課題2: 数値積分法
目標2-1 複数種類の数値積分法について原理を理解し,プログラムによって実装できる.
目標2-2 異なるパラメータを用いた場合の精度評価を行うことができる.
目標2-3 希求された精度に対して適切なパラメータを選択できる.

課題3: 計測・制御
目標3-1 センサーからの情報を読み取ることができる.
目標3-2 センサーから得られる状況に応じた動作をプログラミングによって実現することができる.
授業計画
/Course Schedule
総授業時間数(実時間): 135分 × 15回 = 2025分(33.75 時間)

1週目~4週目は情報推薦,5週目~9週目は数値積分法,10週目~14週目までは計測・制御の実験を行う.15週目は実験全体のまとめを行う.

1週目 ガイダンス,情報推薦システム(ユーザ相関法)について
2週目 ユーザ相関法のプログラミング1(ソースコードとデータセットの理解)
3週目 ユーザ相関法のプログラミング2(類似度計算法の実装)
4週目 性能評価実験
5週目 ガイダンス,対象とする数値積分法について
6週目 数値積分法1のプログラミング
7週目 数値積分法1の性能評価実験
8週目 数値積分法2のプログラミング
9週目 数値積分法2の性能評価実験
10週目 ガイダンス,Robocodeのインストール
11週目 ロボットの動きを理解する
12週目 簡単なロボットと戦う
13週目 少し複雑なロボットと戦う
14週目 複雑なロボットと戦う
15週目 実験全体のまとめ

講義時間外には演習室を開放しています.この開放時間を利用して,各回の演習内容の自主的な予習復習などを前提とする.
教科書・参考書に関する備考 [教科書]
なし.実験時間中またはWeb上で適宜配布する.
[参考書]
<情報推薦>
「情報推薦システム入門 -理論と実践」,Dietmar Jannachら,共立出版
「情報検索の基礎」,Christopher D.Manningら,共立出版

<数値積分法>
「数値計算の常識」,伊理正夫ら,共立出版株式会社
「数値計算法演習」,途川隼人,電子情報通信学会大学シリーズ演習3
「シミュレーション技法入門」,矢部孝ら,日刊工業新聞社
「Numerical Recipes in C【日本語版】」William H. Press etc., 技術評論社

<計測・制御>
特になし(Moodleを使用)
成績評価方法
/Grading Guidelines
到達度目標のすべての項目について,提出されたレポートの内容で成績を判定する.
100点満点中60点以上が合格点である.

課題1: 情報推薦
目標1-1 プログラムのソース・結果・考察を評価する.
目標1-2 精度評価実験の結果・考察を評価する.

課題2: 数値積分法
目標2-1 プログラムのソース・結果・考察を評価する.
目標2-2 精度評価実験の結果・考察を評価する.
目標2-3 パラメータ選択の結果・考察を評価する.

課題3: 計測・制御
目標3-1 プログラムのソース・結果・考察を評価する.
目標3-2 実験の結果・考察を評価する.

ただし,次の2点が成績評価の必要条件である.
(1)全ての実験に出席し,実験を行うこと.
(2)全ての課題のレポートを提出すること.
履修上の注意
/Notices
不合格の場合は再履修すること.
再履修する場合,正規学年の学生と同様に出席し,レポートを提出すること.
関連科目の内容を調べ,理解して授業に臨むこと.
学習・教育目標との対応
/Learning and Educational Policy
この授業科目は,情報電子工学系学科(情報システム学コース・コンピュータ知能学コース)の学習目標の以下の項目に対応している.:

情報技術者:「コンピュータサイエンス」- 情報工学の基礎知識と応用能力を身につける.
関連科目
/Related course
「プログラミング演習」,「オブジェクト指向言語」,「確率・統計」,「データベース」
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
該当するデータはありません
該当するデータはありません