本文へスキップ

Muroran IT Health Administration Center

AED自動体外式除細動器

AEDについて

 AED(Automated External Defibrillator)とは、音声指示付の自動体外式除細動器です。
 音声にしたがって使用すると、心停止状態に陥った心臓に電気ショックを与えることができます。
 このため、専門的な知識がなくても傷病者に対して素早い救命処置が可能です。

 人が倒れて意識や呼吸がない場合、心停止を起こしている可能性があります。
 心臓突然死は、いつでも誰にでも起こりえます。
 日本国内での心臓突然死は年間約5万人ともいわれています。

 何もしなければ、助かるチャンスは1分経過するごとに約10%ずつ失われます。
 救急車を呼んでから到着するまでの数分間に、AEDを使用し、救急蘇生法を実施すること、それが命を救うには必要です。

あなたの行動で救える命があります!

日本医師会 - 救急蘇生法サイト

AED設置場所

大学構内には8台のAEDが設置されています。

@保健管理センター 玄関
AN棟1階 学生支援センター出入口
B本 部 棟 正面入口
C体 育 館 玄関
D図書館 1階 パソコンコーナー横
EA棟2階 旧建設システム工学科事務室前
FY棟1階 出入口(V棟側)
GS棟1階 事務室横

地図

利用時間
Utility time

平日のみ。(土・日・祝日は休館)
午前   9:00〜12:00
午後  13:00〜17:00
(12:00〜13:00はお昼休みのため閉館。
       緊急時はお声かけください。)

TEL. 0143-46-5855