国立大学法人 室蘭工業大学
ENGLISH サイトマップ アクセスマップ
大学案内 受験生の方へ 在学生の方へ 卒業生の方へ 企業等の方へ 一般の方へ
トップページ > 受験生の方へ > 講義風景
受験生の方へ

講義風景


授業風景



 200名もの大人数で受ける授業があるかと思えば、10数名で受けなければならない授業もある。 資料だけを使って進める先生もいれば、英語で授業を進める先生もいる。最初は高校の授業との違いに面食らうかも知れないけれど、これが大学の授業なのだ。
 選択科目が多いのも高校と違う。同じ学科であってもどのような科目を選択するかで、卒業時の 専門知識は大きく違ってくる。将来どの分野でどのような仕事をするかを良く考えて科目を選ぶ 必要がある。自分の道は自分で決めていくという積極性が大学生の基本になっているのだ。




 最初は集団の中の一人として振舞っていても問題はないけれど、学年が進むにしたがって個人と しての自立性が求められてくる。実験や実習のレポートがその第一歩だ。あなた自身の見方や考え方が反映されたものでなければ低い評価点しかもらえない。教授、助教授と 1対1でディスカッションすることもこの頃から求められる。

 そして4年次になると、いよいよ「卒業研究」が始まる。


授業風景画像一覧


授業風景
授業風景
授業風景
授業風景

 卒業研究では特定の教授、助教授の研究室に1年間所属して、指導教官の助言を受けながら研究を行う。 テーマはあなた自身が考えたものであってもよいし、自分で見つけられなければ指導教官に手伝ってもらって 決めてもよいが、研究という名がついているとおり、それなりの有用性や新規性が求められるのは言うまでもない。
 関連文献の収集の仕方、研究の進め方、口頭発表の仕方など、将来エンジニアとして仕事をしていく上での常識を 身につけるのもこの卒業研究の場であるし、それまでに漠然としか整理されていなかった専門知識が体系化され、 自分の力の一部になったと実感できるのもこの卒業研究の場だ。


   
 卒業研究の成果は最後に「卒業研究論文」という冊子にまとめて、公開審査を受けることになる。 所定の科目を修得し、この審査に合格すると、あなたには「学士(工学)」の学位が授与されることになり、 晴れて卒業という栄誉を手にいれることができる。 授業風景



更新年月日:2007年 9月14日 作成担当部局:入試課 問合せ先:nyushi@mmm.muroran-it.ac.jp

 © 2005 MURORAN INSTITUTE OF TECHNOLOGY. All rights reserved.   所在地:〒050-8585 室蘭市水元町27-1   [お問い合わせ]電話番号一覧E-MAIL一覧