大学トップ English サイトマップ

化学、生物、物理を柱とした基礎教育と、コースごとに応用化学、生物工学、応用物理分野を主眼とする応用教育を行う。自然科学とその応用分野で新しい時代の要請に応え、社会で創造的な活躍をするために十分な基礎学力と応用力及び倫理観を兼ね備えた人材を養成する。
応用化学コース(JABEE受審予定プログラム名:応用化学・生物工学プログラム)
化学とその工学を基にして化学の専門知識とバイオシステムの基礎知識を活用して、広い視点から科学技術の未来をひらく人材を養成する。技術者としての倫理観、コミュニケーション力、チームワーク力と国際性を身につけ、人と自然の調和を考えた科学技術を展開できる人材を養成する。
応用化学コース、バイオシステムコースの学習・教育到達目標についてはこちらをご覧ください。
学習・教育到達目標と科目の関連性についてはこちら(jpeg)をご覧ください。
バイオシステムコース(JABEE受審予定プログラム名:応用化学・生物工学プログラム)
化学と生物およびその工学を基にして化学とバイオシステムの専門知識と化学工学の基礎知識を活用して、広い視点から科学技術の未来をひらく人材を養成する。技術者としての倫理観、コミュニケーション力、チームワーク力と国際性を身につけ、人と自然の調和を考えた科学技術を展開できる人材を養成する。
応用化学コース、バイオシステムコースの学習・教育到達目標についてはこちらをご覧ください。
学習・教育到達目標と科目の関連性についてはこちら(jpeg)をご覧ください。
応用物理コース(JABEE受審予定プログラム名:応用物理コース)
物理を基礎とした理工学教育を行い、社会の高度化・複雑化に対応できる深い専門知識と創造性を持った未来をひらく人材を養成する。技術者としての倫理観や幅広い教養と国際性を身につけ、人間と自然が調和した豊かな社会をつくるための科学技術の発展に貢献する人材を養成する。
応用物理コースの学習目標についてはこちらをご覧ください。
学習目標と科目の関連性についてはこちらをご覧ください。(PDF)