大学トップ 学科トップ

山中真也
研究分野:粉体工学、晶析工学

固体と液体の界面を利用することで機能性材料を創出し、医療福祉分野への貢献・環境問題に取り組んでいます。

ナノクリスタルの合成とその機能探索

複合粒子の設計から作製までの一連のプロセスについて,基礎から応用にいたる研究を進めています。例えば,固−液界面を精密に設計することで作製したコロイド材料は,外部刺激(電場や磁場)に応答する機能性流体となります。この材料を用いて、医療福祉等の分野への貢献を目指しています。

また、粒子の大きさや結晶の構造を制御したカルシウム化合物を液相中で合成しています。その生成メカニズムや、得られた粒子の機能を調べています。

卒業研究の主なテーマ

1. カルシウム化合物の液相合成とその機能評価

2. 固液界面設計を基盤とした機能性材料の開発

機能性微粒子材料グループ(藤本敏行山中真也)