トップページ > 受験生の皆さま > 応用物理コース紹介 > 光

応用物理コース

「虹」を見たことをある人は多いだろうが、なぜ「虹」が見えるのだろうと考えたことのある人は少ないのではないだろうか。「虹」は、太陽光が空気中の水を通ると様々な色にわかれることで見える。この例のように光が物を通ることで光の性質が変わるし、また逆に光によって物の性質も変わることもある。この研究ではいろいろな物にレーザー光を当てることで物の性質を変化させて、それを利用するための研究を行っている。

スタッフ

教授:宮永滋己/Y201  助教:佐藤 勉/K206

スタッフ

准教授:矢野隆治/K202              講義および科学基礎に関連するノートのページはこちら

ページ上部へ戻る