国立大学法人 室蘭工業大学
ENGLISH サイトマップ アクセスマップ
大学案内 受験生の方へ 在学生の方へ 卒業生の方へ 企業等の方へ 一般の方へ
トップページ > 最新情報
最新情報

最新情報

松岡学長が「本学の地域貢献活動」を道民・道内大学関係者に向けアピール

  去る,6月8日(木)18時15分から,札幌医科大学,(財)札幌医科大学学術振興会主催の特別シンポジウム「大学と地域貢献のあり方を考える」が札幌医科大学にて開催されました。
  先進的に地域貢献に取り組んでいる大学として,本学松岡学長がシンポジウムのパネリストとして小樽商科大学秋山学長と共に招へいを受け参加いたしました。
  シンポジウムに先立ち,全国の大学法人の取組みに精通されている(財)日本総合研究所所長で(株)三井物産戦略研究所の寺島実郎氏から,「世界の潮流と日本,そして北海道〜大学と地域のあり方について」と題した基調講演が行われました。講演の後,シンポジウムが行われ,札幌医科大学今井学長及び両学長は,300名を超える多数の道民や大学関係者を前に,それぞれの大学が担っている地域貢献の取組み事例を紹介しました。

  本学松岡学長は「室蘭工業大学と地域」と題して,本学と室蘭地域の産業拠点や(財)室蘭テクノセンター,等との連携協力の説明をしながら,「工業都市室蘭」の環境を活かした地域密着型の産学連携活動を中心に取組みを紹介いたしました。

  取組みの紹介後は,3学長にコメンテーターとして寺島氏を交え「大学と地域貢献のあり方」をテーマにパネルディスカッションが行われ,「大学にとって地域とは何か」,「大学間の包括的な連携協力」,「大学OB間の連携」,等々,3大学に求められる新たな展開について議論がなされました。
  議論は,本学にとって,特に,札幌医科大学との「医工連携による研究開発」,小樽商科大学との「文理融合型の連携協力」等,工学以外の分野との連携協力を具体的に展開していくひとつの転機となる内容となりました。
  今回の特別シンポジウムは,3学長による社会に向けての「メッセージ」ともいえるものであり,本学では,松岡学長のメッセージを全教職員が受け止め,一体となって「地域への貢献」に一層取り組んでまいりたいと思います。
日  時:平成18年6月8日(木)18:15〜20:00
場  所:札幌医科大学臨床教育研究棟1階講堂
参加者:道民,学生及び道内大学関係者(約300名)

シンポジウムに出席する松岡学長(写真中央)

更新年月日:2006年6月20日 作成担当部局:総務課 問合せ先:kikaku@mmm.muroran-it.ac.jp

 © 2005 MURORAN INSTITUTE OF TECHNOLOGY. All rights reserved.   所在地:〒050-8585 室蘭市水元町27-1   [お問い合わせ]電話番号一覧E-MAIL一覧