平成19年度室蘭工業大学

「理数系教員指導力向上研修」


開催にあたって
 「理数系教員指導力向上研修」は、文部科学省が推進している「次代を担う人材への理数教育の充実に関する施策」の一環として、大学と教育委員会等の連携により、理科・数学等に関して、観察・実験等の体験的・問題解決的な活動に係る理数系教員の実践的指導力の育成・向上を図ることを目的とする事業です。
 本学は、この「理数系指導教員指導力向上研修」について、中学校理科ご担当教諭を対象に下記のとおり開催することになりました。
 本学では、この研修を通して、中学校教諭の実践的指導力の育成・向上を図ることはもとより、大学教員と地域の中学校教諭の交流の機会になればと考えています。

研修名
実践的理科実験を活用した解かる教育方法の構築
日 時
  
平成19年11月16日(金) 13:00〜16:30及び
平成20年 1月10日(木) 13:00〜16:30
目 的
    
 科学実験においては、多くの教育現場では教材を提供する業者のものを活用していますが、担当教諭用の指導マニュアルは用意されておらず、指導する教諭が工夫をしなければなりません。そこで、実際に理科教材を用いて教育目標に応じた指導を行えるように、生徒に配付するプリント及び発展的内容等を作成するとともに、教材の製作及び使用上の注意点を事前に理解することを狙いとして、これらの作業を教諭グループ形式で行ない、「共有」を図ります。
内 容
(1) 理科実験キットを指導書なしに組立て、機能を確かめる。次に、グループにおいて、組立て上の注意点やどのような指示が必要であったかを議論し、まとめる。参加者の内、4校を選び、次の研修までに、自身の時間或いは総合学習を利用し、実地テストを行なう。(※11月16日(金)予定)
(2) 前回の議論をもとに、学習指導上のマニュアル、プリントをグループで作成し、発表する。(※1月10日(木)予定)
場 所
室蘭工業大学(※詳細な講義室は、別途お知らせ致します。)
定 員
20名
対 象
中学校理科ご担当教諭(※開催日2回ともに参加必要)
(※他科目等のご担当教諭においても、理科指導に関心を持つ教諭は参加可)
講 師
応用化学科 安居教員及び松山(春)教員
参加料
無 料
申込
期限
平成19年10月30日(火)まで
※申込先及び申込方法は、下記「募集案内」をご参照願います。
その他
 本研修は、教育委員会及び大学等の中から、独立行政法人科学技術振興機構による「理数系教員指導力向上研修」の採択を受け、開催するものです。

募 集 案 内
(PDFファイル)

主催:室蘭工業大学
連携:北海道教育庁胆振教育局、室蘭市教育委員会、登別市教育委員会



室蘭工業大学ホームページへ

更新年月日 :
2007年10月22日
作成担当部局 :
室蘭工業大学地域連携推進課
問合せ先 :
renkei@mmm.muroran-it.ac.jp