本学は,3月22日付けで,航空宇宙機システム研究センターを設置し,航空宇宙機システム研
究センター長に棚次亘弘教授(教育研究等支援機構 研究支援:機械システム工学科)が指名
されました。本学は中期計画の中の3重点研究領域の一つとして「新産業創出領域」を選定し,
そのアクションプログラムにおいて「航空宇宙工学分野」を設定しており,同センターの設置はこ
の趣旨に沿ったものです。
 航空科学技術は,高い性能と信頼性を追求し,広範な科学技術分野を統合する高度なシステ
ム技術であり,幅広い科学技術の波及効果を生み出す頂点に立つ技術分野の一つであるため,
先進各国では航空科学技術を国の戦略分野の一つと位置づけ,未来に向けた科学技術の発展
と人材育成の土壌としています。中でも,大気を利用して高速・高々度まで飛行する輸送システ
ムは,地上間輸送及び地球軌道への往還輸送の両方に利用でき,極めて戦略的な基幹システ
ム技術であります。これにより,輸送システムに革新をもたらし,地上及び宇宙における人類の
活動が飛躍的に拡大する可能性があります。
 これらの観点から,同センターの目的は以下の4点に設定されました。
 @ 大気中を高速・高々度まで飛行するための基盤技術を研究開発し,地上間輸送及び地球
  軌道への往還輸送システムの革新に資する。
 A 具体的な「システム開発研究」を全学横断的な研究体制で実施し,学内の多分野の基礎
  研究を有機的に連携・融合し,研究者の視野を広げることにより,新産業を創出するための
  新たな研究分野を開拓する。また,地域産業界と連携することによって,研究成課を直接的
  に社会に還元することを指向した「ものづくり研究」を促進する。
 
 B 具体的な「ものづくり研究」を実施することによって,大学院生には,研究に対するモチべ
  ーションを高め,自発的な研究を促す教育環境を提供する。学部学生には,勉学や将来に
  対する指針を与え,より高度な研究教育を志向する動機を与える。大学院における研究及
  び学部の卒業研究を地域企業や学外研究機関で実施することによって,実社会に対応で
  きる人材を育成する。
 C 地域産業界に航空宇宙機に関する「高度なシステム技術開発」の機会を提供し,異業種
  交流,技術移転の促進や新事業の創出及び育成を図る。小規模でも高度なシステムの実
  用化を目指し,例えば,実用に供せる小型の無人飛行機を研究開発する。
 具体的には,小型の無人有翼飛行実験機(全長:3〜4m)に小型ジェットエンジン(推力:1〜
2KN)を搭載し,飛行実証する計画です。また,飛行実証を行う前に,高速走行軌道試験設備
等を用いて地上試験を繰り返し行い,飛行に関する各種技術を検証・確立します。
 当面は,3つのプロジェクトグループ(1.小型ジェットエンジン,2.小型無人実験機,3.飛行
システム技術)とプロジェクトを支援するための2つの支援グループ(1.地上・飛行試験設備,
2.数値シミュレーション)で同センターを構成し,平成17年度は,概算要求で認められた「個性
豊かな創造力を引き出すためのものづくりとその評価を基本にした教育改革事業− 模型飛行
機と小型飛行実験機を題材とした創造性教育の展開事業 −」の予算を活用して活動します。
閉じる
作成年月日:2005年4月8日
作成担当部局:室蘭工業大学総務課
問合せ先:kikaku@mmm.muroran-it.ac.jp


最新情報
 
航空宇宙機システム研究センターを設置