社会がその活力を維持し,持続的に発展するためには,知の創造と活用による技術革新を促
進することが重要な鍵になることから,わが国の研究資源の多くが集中する大学の役割は重要
であり,この面からの社会貢献への期待は大きいものがあります。
 本学の中期目標・中期計画では,研究の社会還元に関して「研究成果に基づく特許等の取得
を進め,実施許諾・技術移転などにより産業化・社会への還元に努める」とし,特許等を管理する
体制を整備するものとしていることから,本学の優れた研究成果を権利化し,知的財産として社
会に有効に活用していく方針(本学の知的財産ポリシー)に基づいて,知的財産を「原則として機
関帰属」とし,大学が自らの知的財産を適切に管理し・活用していく組織体制として,4月1日付け
で知的財産本部を設置し,知的財産本部長に齋藤副学長(社会連携担当)が指名されました。
  同本部には,同本部長のほか,統括マネジャー(教授),知的財産マネジャー,知的財産コー
ディネーター,知的財産情報管理者などを必要に応じて配置し,さらに弁理士,弁護士等の外部
人材ネットワークの活用を図り,業務を遂行していくこととなります。
  また,同本部に,運営方針,事業計画,自己点検・評価などを審議する「知的財産本部運営委
員会」及び職務発明等を審査するための「知的財産審査委員会」を設置します。
 業務の概要等は以下のとおりです。

■ 知的財産本部の業務
 本学の知的財産本部は,次に掲げる業務を行います。
 (1) 知的財産の創出,取得,管理及び活用に関すること
 (2) 知的財産戦略の企画・立案に関すること
 (3) 知的財産に係る普及・啓発に関すること
 (4) 知的財産に係る関連規則等の整備に関すること
 (5) その他知的財産に関すること
  知的財産本部は,知的財産の創出,取得と管理,活用,研究への再投資という,いわゆる
「知的創造サイクル」を実現することを主体的な業務とし,大学の優れた知的財産を企業などが
活用する際に円滑な交渉・契約ができるような窓口やルールづくり,学内に向けた知的財産の
啓発と教育等を行います。
 
■ 知的財産ポリシーの制定
  本学では,大学の理念と目標に基づき,知的財産の創出・取得・管理・活用を戦略的に推進す
るため,国立大学法人室蘭工業大学知的財産ポリシーを定めました。知的財産ポリシーでは,
知的財産の創出における職員等の役割など,本学が知的財産を取扱う姿勢を明らかにするとと
もに,知的財産本部の役割も明示しています。
閉じる
作成年月日:2005年5月12日
作成担当部局:室蘭工業大学総務課
問合せ先:kikaku@mmm.muroran-it.ac.jp

最新情報
 
知的財産本部を設置