コース概要


はじめに

 航空宇宙システム工学コースに進学を希望される方は、まずは機械航空創造系学科として入学していただくことになります。
 機械航空創造系学科には機械系分野から選出した3つのコースが設置されています。1年次は全コース共通で基礎知識を学び、 2年次からいずれかのコースに分属します。どのコースも卒業後にそれぞれの専門分野で活躍できる実践的技術者の育成を目指しています。なお、機械航空創造系学科には夜間主コースもあります。夜間主コースは2年次からのコース分けを行わず、機械系分野で幅広く活躍できる人材を育てます。

flow

航空宇宙システム工学コース

 航空宇宙システム工学は、人類の活動を発展・活性化する高速交通システムを革新することを目的としています。航空宇宙分野を総合的に学ぶことでシステマチックな考え方を培うとともに、システムを構成する基盤技術に重点をおいた専門教育を実践します。 様々な要素と技術が統合する航空宇宙システム工学の中でも最も基板となる学問分野を集中的に学ぶことで、知識と実践力に富んだスペシャリストの育成を行います。

航空宇宙総合工学コース

 航空宇宙総合工学コースでは、航空宇宙システム工学の専門的知識と実践的素養を備えた技術者の養成を目的としています。

 座学に加えて航空宇宙機システム研究センターやJAXA、民間企業での実践的ものづくり研究環境でのコースワークを重視しています。明確な目標が設定された現場体験を通して、学生諸君は基礎的学術に対する向学心を高め、基礎研究の重要性を認識できます。航空宇宙システム工学の基盤となる工学4分野の専任教員に加えて、JAXAや民間企業からの客員教員を交え多様な視点からコースワークや研究指導を実施することによって、多様かつ総合的な視点からシステムと基盤技術の関係を考える力が養えます。

 このような実践教育を専攻単位で体系的に実施する例は、国内他大学では極めて少なく、本専攻の特色です。

お知らせ・ニュース

お知らせ 2017年12月4日

第55回 燃焼シンポジウム ベストプレゼンテーション賞を受賞

第55回 燃焼シンポジウム(日本燃焼学会)において、当コース学部4年生の阿部香澄さんがベストプレゼン[...more]

お知らせ 2017年11月24日

第29回 日本マイクログラビティ応用学会でポスター賞を受賞

日本マイクログラビティ応用学会 (2017年10月25~27日)において、本専攻の2名「今村卓哉 君[...more]

お知らせ 2017年8月1日

8月5日 オープンキャンパス開催

8月5日 本学オープンキャンパス開催されます。詳細は下記をご覧ください。 http://www.mu[...more]

お知らせ 2017年1月12日

第54回 燃焼シンポジウム ベストプレゼンテーション賞を受賞

生産システム工学専攻 航空宇宙総合工学コース 増田信凜さん(修士1年生)が、ベストプレゼンテーション[...more]

お知らせ 2016年6月22日

民間の競争的資金獲得状況

公益財団法人JKAの補助事業に、当コースの廣田光智准教授と今井良二教授が採択されました。  [...more]

お知らせ 2016年4月11日

Best Presentation Award for Studentを受賞しました!

航空宇宙システム工学コース4年生(現:航空宇宙総合工学コース 修士1年)の村上正人君が、「日本航空宇[...more]

TOPICSをもっと見る ページ上部へ