推進工学


宇宙へ飛び立つパワー。

topics_02

 推進分野の研究では、航空宇宙機システム研究センターと連携して、ガスジェネレータサイクル・エアターボラムジェット(GG-ATR)エンジンに関する、実機搭載型エンジンシステムの研究開発を進めているほか、インテークやノズルなどのエンジン要素、燃焼促進やタンク内の推進剤挙動の研究など、将来の航空宇宙推進エンジンに関する基盤的研究を進めています。

容器内動的濡れ挙動シミュレーション

 将来型宇宙機の推進系で必要な推薬マネジメント技術の開発に向け、微小重力環境での濡れ挙動の数値解析技術を開発しています。また、落下塔実験装置で、短時間の微小重力実験も行い、解析結果の検証を行っています。

propulsion_01

混合促進用ノズル出口と
流れの計算結果

propulsion_02

短時間微小重力実験装置
装置高 : 240cm

propulsion_03

その他

 再使用型宇宙機の大気圏突入時の減速用パラシュートの挙動解析や、将来型超音速機の推進系で必要な推力方向制御技術、燃料と酸化剤の混合促進技術、保炎技術などの基礎研究を実験と数値計算の両面から行っています。

propulsion_04

お知らせ・ニュース

お知らせ 2017年8月1日

8月5日 オープンキャンパス開催

8月5日 本学オープンキャンパス開催されます。詳細は下記をご覧ください。 http://www.mu[...more]

お知らせ 2017年1月12日

第54回燃焼シンポジウム ベストプレゼンテーション賞を受賞

生産システム工学専攻 航空宇宙総合工学コース 増田信凜さん(修士1年生)が、ベストプレゼンテーション[...more]

お知らせ 2016年6月22日

民間の競争的資金獲得状況

公益財団法人JKAの補助事業に、当コースの廣田光智准教授と今井良二教授が採択されました。  [...more]

お知らせ 2016年4月11日

Best Presentation Award for Studentを受賞しました!

航空宇宙システム工学コース4年生(現:航空宇宙総合工学コース 修士1年)の村上正人君が、「日本航空宇[...more]

お知らせ 2016年4月8日

i-CanSat講習会を実施しました

超小型衛星開発の基礎を学ぶ「i-CanSat講習会」を、大学宇宙工学コンソーシアム「UNISEC」の[...more]

お知らせ 2016年2月21日

無人飛行機の自律飛行試験公開(2/24 9:00~11:00)

航空機を無人で飛行させるための制御技術につきまして、ラジコン模型飛行機を用いた自律飛行試験を白老滑空[...more]

TOPICSをもっと見る ページ上部へ