コースの概要

材料工学は従来、資源の大量消費と製品の大量生産を通して文明の加速に貢献してきましたが、資源エネルギー節約と地球環境維持が次世代の工学者にとって大きな課題となっています。材料工学コースは、そのような時代において、単に新技術・先端技術を追求するのではなく常に人類の幸福な発展を支えることのできる材料工学者を育成することを責務としています。

mattree

コースの目標

あらゆる分野の礎となる新素材の創造

材料工学コースでは、新しい材料の設計・開発・プロセッシングや評価までを含む材料工学の技術・知識を修得することを目標としています。学科共通の基礎科目に加えて、材料設計工学の基礎となる材料組織学、材料強度学、材料力学など、材料プロセッシングの基礎となる物理化学、材料プロセス学など、新たな材料の創成に必要な材料加工学、環境材料学などを学ぶことで、様々な機能を有する材料の開発能力やその製造技術などの材料工学の専門知識を身につけた人材を育成します。

卒業後の進路

卒業後の進路としては、先進鉄鋼・金属を含む新素材の設計・開発・生産技術に携わる技術者、材料生産ラインの運用に携わる技術者、機械系分野の先進材料開発・加工に携わる技術者、さらには本学の機械創造工学系専攻を中心とした大学院への進学などが挙げられます。


pagetop