2019.09.06. / 大学案内

WRC2019-Intelligent Manufacturing Challenge Dobot競技会WRC本大会(北京)で本学のチームが優勝

 8月20日から25日に中国北京市で開催された、WRC2019-Intelligent Manufacturing Challenge Dobot競技会の本大会に出場した本学の学生チーム(Metal Swans)が優勝し、Best Team AwardとExcellent Awardを受賞しました。

 本競技会は、DOBOT Magicianという主に教育向けに設計されたロボットアームを使って4色のブロックをピックアップして分類し、自走ロボットにより指定された場所に運ぶ競技であり、世界5つの国と地域から13チームが本大会に出場しました。

 

 チーム名:Metal Swans

 メンバー:

  長岡拓弥さん(博士前期課程生産システム工学系専攻ロボティクスコース2年)

  西木悠生さん(博士前期課程情報電子工学系専攻電気通信システムコース1年)

  小向祥実さん(博士前期課程情報電子工学系専攻知能情報学コース1年)

  本間勇輝さん(博士前期課程生産システム工学系専攻ロボティクスコース1年)

 指導教員:

  藤平祥孝 助教(もの創造系領域ロボティクスユニット)

 

    チームメンバーと現地スタッフとの授賞式での写真

     授賞トロフィーとメダル           競技会場内での写真

ページトップ