2020.01.16. / 大学案内

板倉賢一特任教授らの研究グループがYoung Researcher Excellent Paper Awardを受賞

 令和元年12月3日にYSRM2019 & REIF2019 Award の表彰式が行われ、本学の板倉賢一特任教授(しくみ解明系領域)及び髙橋一弘助教(もの創造系領域)が所属するUCG研究グループが、Young Researcher Excellent Paper Awardを受賞しました。

 この賞は、International Society of Rock Mechanics (ISRM)の特別コンファレンスとして日本の「岩の力学連合会」が主催した The 5th ISRM Young Scholars’ Symposium on Rock Mechanics (YSRM) と International Symposium on Rock Engineering for Innovative Future (REIF) で発表された174の論文の中で、第一著者が35歳以下の特に優れた論文に与えられました。他に、Excellent Paper Award 1件、Young Researcher Excellent Paper Award 1件、Excellent Poster Award 2件の表彰がありました。この国際会議(開催地:沖縄)には、20か国、274名の参加がありました。

 

 受賞内容は、次のとおりです。

 【Young Researcher Excellent Paper Award】

  <受賞者>

  UCG研究グループ(Akihiro Hamanaka, Fa-qiang Su, Kenichi Itakura, Kazuhiro
  Takahashi, Junichi Kodama, Gota Deguchi)

 

  <論文タイトル>

  Large-scale Laboratory Experiment on Development of Underground Coal Gasification
  with Horizontal Well(6ページ)

 

 

 

作成担当部局:総務広報課総務広報係

ページトップ