2020.06.19. / 大学案内

「宇宙のまち」大樹町にサテライト設置へ 町長と懇談、インターステラテクノロジズ社のMOMO5号機も見学

 令和2年6月12日(金)に本学の阿部副学長・事務局長、郷路事務局次長、内海航空宇宙機システム研究センター長をはじめとした教職員7名が、サテライト設置に向けて大樹町に訪問しました。

 大樹町とは令和2年3月30日付けで包括連携協定を締結しており、大樹町役場において、酒森町長、黒川副町長、航空宇宙推進室の職員と懇談し、本学航空宇宙機システム研究センターが進める航空宇宙機の実証実験、大樹町が推進する「宇宙のまちづくり」をはじめとした地域の産業振興や教育振興など、今後の連携協力の実施について様々な観点から意見交換を行いました。

 その中で、内海センター長から「本学の『北海道MONOづくりビジョン2060』と連携して、将来の宇宙輸送システムの拠点化を目指す『北海道スペースポート構想』にぜひ本学も協力していきたい。」旨発言がありました。

 

 また、一行は、共同研究相手先である同町内のインターステラテクノロジズ社を訪れ、打ち上げを目前に控えた「MOMO5号機」を見学しました。

 

 

        懇談の様子              MOMO5号機見学の様子

 

 

 

 

 

 

作成担当部局:経営企画課

ページトップ