2020.10.22. / 大学案内

大阪府立大学と共同開発した超小型衛星「ひろがり」について

 室蘭工業大学航空宇宙機システム研究センター(センター長:内海 政春)と大阪府立大学小型宇宙機システム研究センター(センター長:小木曽 望)は、新規展開構造物、アマチュア無線帯(VHF)での高速通信技術の軌道上での有用性を実証するために、超小型衛星「ひろがり」を共同開発しました。

 現在、共同開発を終え、2021年上期にNASAワロップス飛行施設(アメリカ)から国際宇宙ステーションへの打ち上げに向け、安全審査の最終調整をしています。

 打ち上げ後は、国際宇宙ステーションからひろがりを宇宙空間に放出し、実証実験を実施します。

 

 詳細はプレスリリースをご覧ください。

https://www.muroran-it.ac.jp/guidance/files/2020/10/riri-su01.pdf

ページトップ