構内・構外の交通

構内の交通規制

 大学における教育・研究環境を保持するために、構内交通規制を実施しており、自動車の構内の乗り入れ(駐車)は、大学院生のみ許可制になっています。片道の通学距離が2キロを超え、公共交通機関による通学が困難なものが対象となります。
 なお、学部学生は、駐車スペースに限りがあるため、通学には公共の交通機関を利用してください。止むを得ず駐車する場合は、教育・研究10号館(S棟)裏及び大学会館横の2か所のいずれかを利用することとし、公用外来者用駐車区画等の他の駐車区画への駐車は禁止しております。
 また、構内へのオートバイ(原動機付自転車含む)の乗り入れは禁止しております。オートバイは、大学会館北隣の駐車場内専用置場に駐車してください。

交通事故・交通違反並びに駐車違反・迷惑駐車の防止

交通事故・交通違反の防止

 交通事故は益々増加しています。原因は、スピードの出し過ぎや脇見運転などですが、アルバイトを行い、充分な休養を欠いた状態での事故が目立ちます。また、オートバイによる事故も大変多く、特に夜間に発生しているのが特徴です。
 万一、不幸にして交通事故を起こしたときは、被害者の救護、警察等への連絡など運転者として必要な行動をとってください。
 なお、本学学生が交通事故を起こした場合は、その事故の程度により「学生の交通事故・違反に対する申合せ」に基づく懲戒処分の対象となります。特に、死亡事故などの場合には、退学などの厳しい処分が科せられます。
 大学では、夏休みや冬休みの前に、交通安全講習会を実施しています。こうした機会に積極的に参加し、安全意識の高揚に努めてください。

迷惑駐車・駐車違反の防止

 大学周辺路上及び住宅地での違反駐車・迷惑駐車が多く、通行妨害などで付近住民及び業者などから苦情が絶えない状況です。中には小学生通学路への駐車、個人の玄関前や駐車場に無断駐車するという常識を欠いたものも見られます。特に、冬季間は、違法駐車・迷惑駐車があると除雪の際の障害になり、警察当局からも警告されているので、駐車しないように注意してください。

更新年月日:2016年7月5日
作成担当部局:学務課学生支援係

ページトップ